株取引とは?GMOクリック証券の株取引のしくみなど、基本情報をわかりやすく解説

取引のしくみ

株式市場に流通する株を 証券会社を通じて売買。

株式」とは株式会社が資金を集めるために発行した「有価証券」のこと。この株式を売買するための市場が「株式市場」です。
日本には東証(一部、二部、マザーズ、ジャスダック)、名証(一部、二部、セントレックス)などの株式市場があり、一般投資家が購入することができるのは、これらの市場に株式流通している上場企業の株となります。GMOクリック証券では東証(一部、二部、マザーズ、ジャスダック)に上場している企業の株式を売買することができます。

株式市場にはそれぞれ特色があります。上場基準が厳しい東証一部には、比較的業績が安定した大企業が多いのが特徴です。一方、マザーズやジャスダックには新興企業が多く上場しています。急成長を期待できる半面、業績はまだ不安定で倒産リスクも少なくないため、東証一部の企業に比べると株価の変動は大きくなりがちです。

株価は、株を買いたい人と株を売りたい人の価格が一致すれば売買が成立することになります。株の売買は証券会社を通じて行い、注文した株の売買が成立することを「約定」と呼びます。注文しても約定しない限り株の売買は成立していないので注意が必要です。また、株式の譲渡や代金の受渡しが行われる日のことを決済日(受渡日)といいます。決済日は、約定した日から4営業日になります。もし株の売却代金を現金として出金したい場合、約定日から4営業日かかることを覚えておきましょう。

株式市場

株式市場 上場企業の特徴
東京証券取引所 1部 有名な大企業が上場している
2部 中堅企業や成長企業が上場している
マザーズ 新興企業が上場している
ジャスダック 新興企業が上場している(旧大阪証券取引所銘柄)
名古屋証券取引所 地方企業が上場している
福岡証券取引所 地方企業が上場している
札幌証券取引所 地方企業が上場している
TOKYO AIM プロ向け市場
証券取引口座のお申し込み
FX取引口座をチェックしていただくとFX口座同時申込となります
FX専用取引口座のお申し込み
株式取引に関するご注意

上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。また、発行企業の経営・財務状況の悪化により損失を被ることがあります。

信用取引はお客様の投資した資金に比べて大きな利益が期待できる一方で、価格の変動が予想と異なった場合、損失も大きくなる恐れがあり、投資金額全額以上の損失が発生する恐れがございます。また、信用取引の売建は、予想と異なり株価が上がった場合、損失が無限に膨らむ可能性がございます。お客様が当社に預託する必要保証金の額は建玉総額×30%です。
GMOクリック証券
商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
設立:2005年10月
資本金:43億4,666万3,925円
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会