株実践ガイド GMOクリック証券の株取引について、情報の見方や値動きの傾向を紹介

信用残高

信用残高の現状は将来の相場予測に役立つ。

株の需給バランスを見るために重要なのが、信用取引の残高(信用残高)です。株価の動向にも影響を与えるので、現物取引をしている投資家も参考にする必要があります。
 GMOクリック証券の銘柄情報のページには、信用取引の残高や信用倍率も表示されているのでチェックしておくとよいでしょう。

株価情報の信用データ

では、なぜ信用残高が重要なのかを解説します。
 信用取引は将来的に反対売買をして決済しなければなりません。一般信用は期限に決まりはありませんが、制度信用の場合は6ヶ月以内に反対売買する必要があるため、信用残高の現状を見ることは相場の先行き予測に役立つのです。

信用買いを入れて、決済していない状態の株のことを「買い残」、信用売りを入れて、決済していない状態の株のことを「売り残」といいます。買い残が増えていれば「将来株価が上昇する」と判断している投資家が多いことになりますが、将来的にその数量分の「売り」が発生することにもなります。売り残の増加は「将来株価が下降する」と判断している投資家が多く、将来的には買い圧力が高まると考えられます。

買いの勢いが強いのか、売りの勢いの方が強いのかを判断するには信用倍率を見るとよいでしょう。これは貸借倍率などとも呼ばれ、信用買い残÷信用売り残で計算されます。信用倍率は株価上昇時には、買い残が増えるため数値は高くなり、株価下落時には売り残が増えるため数値が低くなります。
 必ずしもセオリーどおりに動くわけではありませんが、株価の値動きの推移とともに信用残高をチェックすると株価の動向がつかみやすくなるので、うまく活用したいものです。

取り組み 残高状態 信用購入者の心理状態
信用買い
(買い残)
増加 株価が将来上がることを予測している人が増えている
減少 株価が将来下がることを予測している人が増えている
信用売り
(売り残)
増加 株価が将来下がることを予測している人が増えている
減少 株価が将来上がることを予測している人が増えている
証券取引口座のお申し込み
FX取引口座をチェックしていただくとFX口座同時申込となります
FX専用取引口座のお申し込み
株式取引に関するご注意

上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。また、発行企業の経営・財務状況の悪化により損失を被ることがあります。

信用取引はお客様の投資した資金に比べて大きな利益が期待できる一方で、価格の変動が予想と異なった場合、損失も大きくなる恐れがあり、投資金額全額以上の損失が発生する恐れがございます。また、信用取引の売建は、予想と異なり株価が上がった場合、損失が無限に膨らむ可能性がございます。お客様が当社に預託する必要保証金の額は建玉総額×30%です。
GMOクリック証券
商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
設立:2005年10月
資本金:43億4,666万3,925円
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会