株実践ガイド GMOクリック証券の株取引について、情報の見方や値動きの傾向を紹介

日経平均・TOPIX

株式市場全体の動きを把握するのに役立つ。

日本の株式市場全体が好調なのか不調なのかを把握するのに役立つのが、日経平均やTOPIXです。
 GMOクリック証券のログイン画面でも、特に設定をしなければ株式のトップページには日経平均やTOPIXのチャートが表示されます。

日経平均とは「日本経済新聞社が選んだ225銘柄の平均の株価」のことです。この225銘柄は固定されているわけではなく、規模が大きく優良で流動性の高い企業が選ばれ、正確な平均値を出すために随時入れ替えが行われています。ちなみに、日経とは「日本経済新聞社」のことを指し、「日本経済の平均」ではないので間違えないようにしましょう。

TOPIX(Tokyo Stock Price Index:東証株価指数)は、東証一部に上場している全銘柄の時価総額が基準日である1968年1月4日の時価評価総額を100として、どれくらい増減したかを示す指標です。時価総額とは株価に発行株数をかけたもので、会社の規模を表しています。

日経平均は“値がさ株”と呼ばれる株価の高い会社の影響を受けやすいという特徴があります。TOPIXは東証一部上場銘柄のすべてを対象としているため、日経平均株価に比べ、特定業種・企業の株価の動きによる影響を受けにくく、市場全体の動きを的確に示すとされています。

いずれも、市場全体の動きを把握するほか、ベンチマークとして自分の運用成績との比較に使う方法などが考えられます。

マーケットサマリー

証券取引口座のお申し込み
FX取引口座をチェックしていただくとFX口座同時申込となります
FX専用取引口座のお申し込み
株式取引に関するご注意

上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。また、発行企業の経営・財務状況の悪化により損失を被ることがあります。

信用取引はお客様の投資した資金に比べて大きな利益が期待できる一方で、価格の変動が予想と異なった場合、損失も大きくなる恐れがあり、投資金額全額以上の損失が発生する恐れがございます。また、信用取引の売建は、予想と異なり株価が上がった場合、損失が無限に膨らむ可能性がございます。お客様が当社に預託する必要保証金の額は建玉総額×30%です。
GMOクリック証券
商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
設立:2005年10月
資本金:43億4,666万3,925円
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会