株実践ガイド GMOクリック証券の株取引について、情報の見方や値動きの傾向を紹介

財務諸表

中長期的に企業を評価するなら財務諸表を参考にしよう。

個別銘柄の経営状況や将来性を予測するには、財務諸表(決算書)が役に立ちます。企業が一定期間の収益・経費を計算し、損益を確定することを決算といいます。この経営成績などは「損益計算書」、「貸借対照表」、「キャシュフロー計算書」といった「財務諸表」で表され、決算情報として公表されます。決算書は、すべての企業で年に1回は必ず作るように定められています。年1回行う決算を「本決算」、新年度から半年経過したところで行う決算を「中間決算」、3ヶ月ごとに行う決算を「四半期決算」と呼びます。

決算書にはさまざまなデータが開示されていますが、最も基本といえるのが上記に挙げた3つの諸表です。それぞれから読み取れることを簡単に説明しましょう。

損益計算書(P/L)には、企業の売上高や経費が書かれています。売上に対してどれだけ利益を上げているかなどが読み取れます。
貸借対照表(B/S)(バランスシート)は企業の財産状況を示します。資産、負債、資本の3つから成り立っており、資産と負債のバランスなどが確認できます。
キャッシュフロー計算書(C/S)は、会社のお金の流れを表したもの。営業活動、投資活動、財務活動の3つから成り立っています。本業でどれだけ稼いだか、借入れや返済などの状況がわかります。

ただし、財務諸表を詳しく見るのはかなりの手間がかかります。GMOクリック証券の銘柄情報ページの「企業情報」や「四季報」をクリックすれば、その企業の業績がコンパクトにまとめられているので活用するとよいでしょう。

企業情報の財務データ

証券取引口座のお申し込み
FX取引口座をチェックしていただくとFX口座同時申込となります
FX専用取引口座のお申し込み
株式取引に関するご注意

上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。また、発行企業の経営・財務状況の悪化により損失を被ることがあります。

信用取引はお客様の投資した資金に比べて大きな利益が期待できる一方で、価格の変動が予想と異なった場合、損失も大きくなる恐れがあり、投資金額全額以上の損失が発生する恐れがございます。また、信用取引の売建は、予想と異なり株価が上がった場合、損失が無限に膨らむ可能性がございます。お客様が当社に預託する必要保証金の額は建玉総額×30%です。
GMOクリック証券
商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
設立:2005年10月
資本金:43億4,666万3,925円
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会