株取引方法 銘柄の選び方や注文画面など、GMOクリック証券の株取引での具体的な方法を解説

デイトレード2

スピーディーな発注でデイトレをサポート。

GMOクリック証券のトレードツール「レーザートレード」は発注機能に優れており、デイトレーダーにも人気です。注文ウィンドウ、レーザー注文ウィンドウではリアルタイムの板情報を見ながら発注することができます。
 板に表示される気配値は、今その株を購入するならいくらで何株くらい売買できそうか、現在の売買の活発さはどうか、板の厚さ(上値や下値の抵抗度合い)などを示しています。デイトレーダーの中には板情報を見ながら注文を行うという手法をとる人も少なくありません。

では、注文ウィンドウの画面を見てみましょう。
 気配数量の欄には売り、買いそれぞれの注文気配数量が表示されます。気配数量をクリックすると注文パネルの売買、指値、取引数量に反映され、クリックした回数に応じて取引数量の株数が増えます。指値はキーボードで直接入力、▲▼をクリックしても入力できます。取引数量はキーボードで直接入力、▲▼をクリックして取引数量を入力するほか、マウスホイールでも変更が可能です。

GMOクリック証券ではこのほかにも、注文機能のみに特化したツール「はっちゅう君」なども提供しています。「はっちゅう君」は常駐タイプのツールなので、使用しない時でも起動したままタスクトレイの中にすっきりしまっておくことができ、突然注文を行いたくなった時でも簡単に素早く注文を行えます。注文を行うには、タスクトレイにある「はっちゅう君」アイコンから注文ウインドウを起動し、注文内容を入力して「注文」ボタンをクリックするだけと簡単です。

注文ウインドウ画面

証券取引口座のお申し込み
FX取引口座をチェックしていただくとFX口座同時申込となります
FX専用取引口座のお申し込み
株式取引に関するご注意

上場有価証券等の売買等にあたっては、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動や、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品、カバードワラント等の価格や評価額の変動に伴い、上場有価証券等の価格が変動することによって損失が生ずるおそれがあります。また、発行企業の経営・財務状況の悪化により損失を被ることがあります。

信用取引はお客様の投資した資金に比べて大きな利益が期待できる一方で、価格の変動が予想と異なった場合、損失も大きくなる恐れがあり、投資金額全額以上の損失が発生する恐れがございます。また、信用取引の売建は、予想と異なり株価が上がった場合、損失が無限に膨らむ可能性がございます。お客様が当社に預託する必要保証金の額は建玉総額×30%です。
GMOクリック証券
商号:GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
本社:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
設立:2005年10月
資本金:43億4,666万3,925円
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会